家づくりの想い

年月を経て、ご家族と共に味わいを深めていく
本物の素材を選んで、丁寧につくりあげます。

私たちは『いい家づくり』を追求する中でいくつもの「本物」に出会い、そして、そのすばらしさを実感してきました。 ありのまま、それ自体が優れた特性を備えている「本物の素材」にかこまれた暮らしは、想像以上に快適です。みなさまにもっとその快適さや心地よさを伝えたい。
そんな想いがたくさん詰まった住まいの未来進行形が、私たちのご提案する「新・木だわりの家」です。

健康・経済性・暮らしやすさを突きつめた結論が本物の素材にこだわった「新・木だわりの家」です。

家族にやさしい健康的な住環境にこだわる。

自然素材100%「珪藻土の内装土壁」(合成樹脂・化学物質を一切含まない)
無垢材の床 建具

木だわりの家では、内装壁仕上材に自然素材100%の「サメジマあんしん珪藻土」を採用しています。珪藻土は、自律的に吸湿、放湿を繰り返しながら部屋の湿度を調整する優れた調湿機能を持っています。この調湿機能が湿気による結露を防止し、住まいを長持ちさせる効果を発揮します。もちろん、ホルムアルデヒドなどの揮発性化学物質は発生せず、気になる生活臭も吸着・脱臭してくれるので、常に健康的で衛生的な住環境を維持することができます。 ただし、一般に流通している珪藻土には「珪藻土建材」と「珪藻土入り建材」の2種類がありますが、珪藻土内装と名乗れるのは前者だけ。もちろん「サメジマあんしん珪藻土」は、前者の珪藻土建材。自然素材の粘土を使って固化させているため珪藻土の性能を100%発揮させることができ、自然に還すこともできるリターナブル材料です。


やさしい肌触りとぬくもり「無垢材の床・建具」
経年美化

無垢材に触れてみると、まず伝わってくるのは自然の優しさ。夏はひんやりと涼しく、冬はじんわりと温かい。また、無垢材は、時を経て木肌が彩り豊かに変化していく「経年美化」が楽しめます。歳月とともに趣きが増し、使い込むほどに愛着の深まりを感じられるのは無垢材ならではの魅力です。

将来のコストを考えてメンテナンスフリー素材にこだわる

一生メンテナンスフリー「焼物タイル張り外壁」

一般的な有機系塗装外装材の場合、新築後約10年ごとに塗替えが必要です。しかし、生活費をはじめ家や車のローン、子供の教育費等、日々の暮らしの中から将来にわたって定期的に必要になるメンテナンス費用を捻出することはなかなか難しいものです。その点、無機質焼物タイルなら塗替えも張替えも不要。メンテナンス費用がかからず、長い目で見れば結局お得な選択といえるでしょう。

より個性を彩る塗り壁・板張り外壁も選択いただけます 屋根の葺き替え不要「陶器瓦」

木だわりの家が採用している三州陶器瓦は、天然原料である自然の粘土に釉薬を塗り1100℃以上で焼成した、まさに「陶器」です。そのため、耐水性、耐火性はもちろん、防音性、断熱性にも優れています。さらに耐久性にも優れ、変色や変質を起こしにくいのも特長のひとつ。年月が経過しても美しい外観を保つことができ、他の屋根材のように塗装の塗替えなどのメンテナンスも必要ありません。

夏・冬の心地よさを約束する高い断熱性能にこだわる

理想の断熱材「セルローズファイバー」の吹き込み施工

セルローズファイバーは、高い断熱性能・優れた調湿性能による結露防止効果・安全性を持ちながらリサイクル素材を使った木質繊維なので環境にもやさしい断熱材です。また、高い断熱効果を誇るセルローズファイバーの性能を最大限に発揮させるため、壁内に60kg/㎥の高密度な吹込み充填を行っています。

信州仕様の優れた断熱性能 信州仕様の優れた断熱性能 信州仕様の優れた断熱性能

木だわりの家は、1999年に改正された住宅の省エネルギー性能の指針「次世代省エネルギー基準」のⅡ地域(青森県・岩手県・秋田県・大町市・白馬村等)に相当する断熱材や窓を採用。その上、剛性床工法や断熱材の吹込み工法などの高品質な家づくりの技法を導入して高い気密性能を実現しています。



信州仕様の優れた断熱性能

丈夫で長持ち!基礎・構造材にこだわる

地震・火災に強い「耐力面材」採用

木だわりの家は、衝撃に強くねばり強さを持ち、火にも強い、高い壁倍率(3.5倍)を持つ耐力面材を適所に設置。壁全体で力を受け止めることで優れた耐震性を実現します。

地震・火災に強い「耐力面材」採用
安心のベタ基礎・剛性床工法が標準仕様
安心のベタ基礎・剛性床工法が標準仕様

建物の重量を基礎全体で分散して受け止めるベタ基礎工法、太い土台をマス目に組み、厚さ24㎜の合板を床全面に張る剛性床工法も併せて採用し、地震に備えて安心して暮らせる住まいを追求しています。

エコロジー&エコノミー!

安全で経済的なオール電化
安全で経済的なオール電化

木だわりの家はお年寄りや小さなお子様に安全かつ経済的な暮らしの実現を考え、オール電化を標準仕様。火を使わず大気中の熱を利用してお湯を効率よく沸かすヒートポンプ式給湯機の『エコキュート』と火を使わない『IHクッキングヒーター』など、エネルギー効率の良いオール電化は、灯油やガスなど複数の燃料を使用する場合と比べ経済的です。

夢をカタチにする自由設計

木だわりの家は全てが「自由設計」。同時に良質の本物素材を使いながら、みなさまに納得していただける「低価格」を実現。

「自信を持ってお薦めできる住宅を、できるだけ多くの方に住んでいただける価格に」という思いで、素材や工法の調査、研究を行い、資材メーカーや施工店と交渉を重ね、関係業者の協力を得ることで、自信を持ってご提案できるコストパフォーマンスを実現しました。





    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF