相模組の家 相模組の家

0120-354-633
平日09:00〜18:00まで

資料請求

お問い合わせ

モデルハウス

テクノストラクチャー

Technostructure

相模組の家の構造は、強くて安心な
パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャーです。

トップ画像
パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー

強さと安心を兼ね備え、
コスパにも優れた
構造をベースとした相模組の家。

パナソニックが独自に開発した、耐震性能が高く安心・安全な「テクノストラクチャー工法」。充実した内容を標準仕様としたコストパフォーマンスの良さや、明朗な価格表示も魅力です。

部材自体の
強度にこだわり、
家を強く

家の強さを
1邸ずつ確認

地震後の
暮らしを考えた
耐震等級3

TECHNO BEAM

パナソニックが独自開発した
木+鉄の複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャー工法は、木の弱点を鉄の強さで補強した「テクノビーム」を使用。通常の木の梁と比べたわみが少なく、長い年月が経過した後も、梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。

テクノビーム
構造計算

Structural
calculation

1邸ずつ緻密に行う「構造計算」
&災害シミュレーション

テクノストラクチャー工法は、1邸ごとの構造計算(災害シミュレーション)を設計段階で行い、8段階440項目におよぶ厳しい強度チェックをすべてクリアした住宅だけが建設されるシステムとなっています。

構造計算

Seismic grade 3

最も地震に強い
「耐震等級3」が標準仕様

建築基準法の耐震基準の1.5倍の地震力に耐える、耐震等級3に対応。耐震等級3は、消防署など、災害時の重要拠点を建てるのと同等の強さです。

耐震等級3
       

Strength

「強さのクオリティ」にまでこだわる、ご家族を守る家づくり。

全ての部材や基礎、地盤の強さを緻密に計算する、
「より強い耐震等級3」への徹底したこだわり。

建築基準法において一般的な2階建て木造住宅には構造計算を行う義務がない中で、私たちは1邸ずつ構造計算を行い、最も緻密な計算方法で「より強い耐震等級3」の住まいを標準仕様とすることを定めています。
「耐震等級3」には、「許容応力度計算で算出されたもの」と「性能表示計算で算出されたもの」とがあり、同じ「耐震等級3」と言っても、簡易計算をしただけの家と構造計算をした家では、地震への強さが大きく異なります。私たちは、ご家族を守る安心・安全の住まいをお届けするために、「より強い耐震等級3」にこだわり、さらに構造計算書・構造計算保証書の採用までを標準仕様としています。

パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー
パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャー
       

自由設計の家