太陽光と断熱

太陽光と断熱太陽光と断熱太陽光と断熱
テクノの家には、断熱性工場のためのオプション機能も備えています。

「断熱するならぜったいに内断熱だ」。「いやいや、外断熱でなくっちゃ」。
住宅会社同士が断熱について会話をすると、そんな熱い議論になることがよくあります。
それぞれに建物に対するこだわりがあるからこそなのですが、
パナソニックでは内断熱にも外断熱にもそれぞれ良い所があり、
むしろ重要なのは施工能力だと考えています。
どういうことなのか、順番にご説明しましょう。


柱と柱の間の壁の内側に、断熱材を詰め込んで行うのが内断熱(専門用語で充填断熱)です。使われる断熱材としてはグラスウール、ロックウール、セルロースファイバーなどがあります。
外断熱に比べてコストが抑えられるのが大きなメリット。デメリットは、しっかりとした施工で均一に断熱材が詰められていないと、十分な効果が得られない―つまり、職人の腕や現場管理の良し悪しに左右される―という点です。

家の構造体そのものを、外側から断熱ボードや断熱パネルですっぽり覆うのが外断熱です。家の形に合わせてカットできるタイプのものが多く、隙間なく覆うことができるのがメリットです。ただし、コストが内断熱に比べて高めであること、構造体の外に断熱材を張り付けるため、狭小住宅では内部空間が狭くなってしまうなどのデメリットがあります。

断熱方法を選べます

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF