目的達成の図面はプロに任す

2017年10月07日

営業の橋本です。

新築計画されているお客様に参考までに。

どのような家を建てたいのか、具体的なプランをお持ちで、自分でパソコンを駆使して図面を書いて持って来るお客様もいらっしゃいます。

もちろん、自分が目指している姿を具体的に伝える為には、図面も一つの方法です。

しかし、これまで多くの家を設計し、建ててきた私たちには、もっといいアイディアがあるかもしれません。

ご自身で図面を作ったとしても、(この通りに作ってください」と言うのは早計です。

「三人寄れば文殊の知恵」ということわざがあります。

お施主様のご希望と、家づくりの

プロである住宅会社の知恵を出し合えばより良い家が建つはずです。

それを、「図面通りに」と言えば、お施主様の考え以上の家は立ちません。

柔軟にプロの提案を考慮するゆとりを持って下さい。打ち合わせに細かな図面を持参する必要はありません。

口頭でも箇条書きでもいいので、できるだけ自分たちのイメージを伝えましょう。

要はイメージが住宅会社に伝われば良いのでです。

ただし、そのやりたいことはには優先順位をつけておいてください。

要望が多くなればなるほど価格はどうしても高くなります。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF