マイホームのプランニングの前に観察と想像を。

2014年10月13日

はじめまして。ホームコンサルタントの勝家と申します。
これから、このブログを通じ、私達の日々の活動・マイホームづくりについて思うこと・おすすめ情報等々を発信していきたいと思っておりますので、どうぞご覧くださいますようお願いいたします。

私は平成7年に当社に入社し、ずっと住宅部でお客様のマイホームづくりのお手伝いをしてきておりましたが、今年ようやく松川村にマイホームを建築いたしました。
住宅をつくる仕事をしているのですから、本来はもっと早く建築というはずなんですが、実家に入るべきかどうするかとなかなか判断できずにずるずると…
ですが、消費税増税をひとつのきっかけに、そして「そろそろ自分の部屋がほしい」・「友達を家に呼んで遊びたい」という子供達の為にマイホームをつくることを決めました。
そんなことで、私はしばらく、自身のマイホーム建築について書かさせていただきたいと思います。

子供達の為につくることを決めたマイホームですが、プランニング(間取り・設計)については、「妻が使いやすいように」を一番に考えました。(こういった考えは皆様も同様ですかね…)
ですので、妻がどうしたいのかを聞くのとあわせて、妻がどこに何を置くか等を観察したり、こうしたらこうなるかな~と想像したりを繰り返しながら図面にしていきました。 その中のひとつをご紹介させていただきます。

我が家は小中学校に通う3人の息子がおりまして、学校から連絡文書等のプリントがたくさん届きますが、壁に画鋲で張られているものがあれば、台に置かれているものがあったり、置く場所が決まっていない状態でしたので、
プリントを、磁石で張れるスチール製のホワイトボードの壁をつくってみました。

Exif_JPEG_PICTURE

プリントだけでなく、カレンダーも張っていますが、画鋲やテープを使わないので壁を傷めることもなく張るのに気兼ねがいりませんし、ホワイトボードにマジックペンで書くこともできるので、 我が家のスケジュール管理や連絡板としてとても便利に使っています。(私は、なにより散らかってないのがうれしい…)
小中学校生のお子様がいらっしゃるご家族にはおすすめですよ!

次は、キッチンまわりで観察、想像してつくったことをご紹介させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

平成26年10月13日
相模組 勝家 徹

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF