節分の朝

2018年02月03日

今日は2月3日
節分です。
今日までが【冬】
明日は立春で明日からは【春】
このように季節が分かれる「節目」にあたる日です。
春夏秋冬・・・
立春、立夏、立秋、立冬と、季節の始まりの日の前日が節分になるのです。
そのなかで立春の前の日が「節分」として色んな儀式をするようになったのか?
きちんと学んだことはありませんが、
聞きかじるところによると・・・
江戸時代よりももっと昔「自然災害」や「流行の病」「飢饉」などは、
全て「邪気」が原因と考えられていました。
邪気は冬の間に家のいたるところに住み着くと考えられておりました。
一方、穀物には生命力が宿っているとされ、邪気を宿す「鬼」を追い払うのに使われていました。
あるとき鬼に「豆(大豆)」を投げつけたら鬼の目に当たりそれ以来「豆」を使うようになったといわれます。
「豆」は「まめ」と読み、鬼(魔物)の目に「豆」を投げ「魔目」で邪気を追い払うことが「魔滅(マメ)」=魔物を滅する=に通ずるとか・・・
「節分」には冬の間に溜った「邪気を祓う行事」として現在まで定着したようです。
とはいっても、マダマダ寒い日が続きます。
節分は、春にむけた様々な準備を考えるという時期でもあるのでしょう。
写真は今朝の空です。
なんともいえない筋状の雲が朝日に映えておりました。

明日からは「春」・・・
皆さまと共に良い春が迎えられますように!

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF