住処を持たぬ動物たち

2017年05月14日

5月14日
気がつけば皐月(さつき)も半分が過ぎようとしています。
月初めには春の大型連休があったので、
何かと気ぜわしく時間が過ぎた気がします。
住宅業界=マイホームを提供させていただく立場=になってからは、
社員共々気が休まるときがありません。
そんな毎日の過ごし方をしているためか、はたまた、
人生50の峠を越したからかはわかりませんが、
近年目に飛び込んでくる「自然」の美しさに、
ひとりで感動しています。
山を見て、川を見て、立ち木を見て、水面を見て・・・
ブログを書くようになった2008年から、
積み重ねてきたその日の一枚も自然が多くなりました。
本来ならばマイホームのことを深く深く掘り下げるべきかもしれませんね。
・・・ 反省しています。
とはいえ、昨日も思わぬ一枚をおさめることができました(笑)
天然記念物のニホンカモシカさんたちが、目の前に飛び込んできたからです。
彼(彼女?)らのエサをむさぼるように食べる姿に、若さを感じておりました。
住処を持たぬ動物たちは、その日その時に降りかかる危険から自分自身で身を守らねばなりません。
寒さや暑さからも移動をしながら凌ぐしかないのです。
パナソニック地震に強い家テクノストラクチャー
不意に襲い掛かる地震から大切な家族の人生を守るため、
耐震等級3相当の構造体の強さが売りです。
昨年起こった熊本地震・・・
震源近くの益城町では耐震等級3相当の住宅の強さが立証されていました。
耐震構造を持った住宅に、出来れば「免震技術」も併せてご利用いただきたいです。
そうすることで「揺れ方」がぐんと減ります。
(詳しくはモデルハウスで・・・)
※耐震=揺れ方はそのまま伝わります。
※免震=揺れ方を緩和してくれます。
家族の安心を守る強い構造体、パナソニック・テクノストラクチャー
モデルハウス安曇野へ
どうぞお出かけください。


    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF