奇跡って重なるもの・・・ 2014.11.26

2014年11月26日

11月26日 水曜
おはようございます。
22日の夜に起きた長野県北部地震により、被害を受けられた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
昨日から冷たい雨が降り続く信州@大町=白馬=安曇野です。

奇跡って重なるものなんでしょうか?
「たまたま、運が良かっただけ・・・」と、云う人もいます。本当にそうなんでしょうか?
先日ブログのタイトルにした「奇跡」・・・
白馬村神城 堀之内に入ったときに、灯油の臭いがしていました。
灯油タンクも倒れている中、染み出した灯油に引火しなかったのです。
また、練炭コタツで暖をとっていた人もいたのに
40年以上も昔・・・
ある大都市で「ガス臭い」という住民の通報で、工事会社の方が現場確認に到着。
「ガス漏れ」であることを確認した方が会社に帰って報告しようと、
原付のエンジンをかけた途端・・・【引火・爆発】すると云う事故がありました。
(当時は携帯もなかったので、その場から連絡取るというのは難しかったのです)
2014-11-24 12.58.44
※ テニスコートに起きた地割れの様子。

大きな震災にもかかわらず、火災にならなかったのは、本当に「奇跡」というものですね。

一日も早く、震災の始末がつきますよう、祈っています。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF