金を『失う』会社・・・ 2014.11.14

2014年11月14日

11月14日 金曜
おはようございます。
日の出の時刻・・・東の空には雲も少なく、朝焼けが拝めました。
ただ・・・西側の北アルプスは、山頂から雪雲が降りてくるような感じです。
北海道は昨晩も10センチの積雪(札幌在住の友人の話)だそうで、
大荒れの様子が伝わってきました。いよいよ本格的な冬の到来です。
2014-11-14 06.27
※今朝の大町・・・東の空の情景。
人やモノ、場所には其々『名前』がついています。
『名前』を漢字で書く場合、振り仮名をつけないと『別のもの』になってしまうケースが起こります。
たとえば・・・
【小谷】・・・この字の読み方は私が知る限り、『こたに』『おだに』そして『おたり』。
人名地名で読み方が異なることもしばしばです。
この字を持つ先輩が居ました。『オダニ』先輩でした。
漢字を見ては『コタニ』と言った為、2度3度と注意されました。最後は『オ・ダ・ニ』と強調して。
信州へ来て『おたり』と言う地名に出会い、前出のことを思い出しました。
若い頃【漢字の失敗】を、した経験があります。
前職場で【新日本製鐵株式会社】さんに見積書を届けたときでした。
数十万円のお見積もり・・・
当時…25年前はコンピュータが台頭してきた頃で、漢字の印字が発達していないときでした。
ワープロ(ワードプロセッサーと呼ばれていた)も出始めたばかり。
コンピュータ化されているにも拘らず、カタカナとアルファベットしか印字できない機械。
新日本製鐵株式会社さんは、日本の高度経済成長を中央で支えた格調高い会社です。
カタカナなどの見積もりを出せるはずが無い・・・
仕方なく、毎回手書きで見積もりを持参していました。
ところが・・・
新聞には【新日本製鉄株式会社】と名称が記載されていて、略称は【新日鉄】です。
略称を使うのは良くないと考え【新日本製鉄株式会社】と宛名を書いて、
支店長の印を戴き見積りを届けました。
ご担当の怖い経理掛長(一般企業の係長さんか?)さんは不在。
帰ってきたところに、怒鳴り込んで電話がかかってきました。
上司と一緒に、直ぐに出て来いというのです!
内容は『鉄』の字を使ったのがイケナイ!
わが社は鉄鋼の『王』なんだ。
金を『失う』会社とは違う!
正式な名前を書きなさい!
・・・と言うことで、産まれて初めて旧字体の漢字を正式に書く羽目になるのでした。
こうやって、若い頃に名前で失敗すると、後々気をつけることになります。
ご担当だった堀部様。あれ以来、ずっと教訓にしています。
叱られたことに感謝しています。ありがとうございます。
(散々叱られた最後、一字違っただけだからまだマシか・・・と云って頂いたのは慰められました)
2014-10-21 東京駅1
※日本の高度経済成長を支えた東京駅の現在。
25年後の今、私の周りにも機会があるたびに云っているつもりですが、
社内連絡や教育が行き届かず、ご迷惑をかけたり、心証を悪くしたり恥をかく場合があります。
気をつけようと云っていても、確認を忘れてしまうことも・・・
脇が甘いとはこのことです。

気を取り直し・・・(笑)
㈱相模組安曇野モデルハウスは本日も10時オープンです!

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF