2014.10.09 神秘なお水で、おもてなし…

2014年10月09日

10月09日 木曜
おはようございます。
昨夜の皆既月食・・・
ご覧になれたでしょうか?
私のところからは、厚い雲に阻まれてしっかりと見ることは叶いませんでした。
でも、テレビ等のメディアがカバーしてくれて、嬉しかったです。
自然界の織り成す天体ショーは、不思議さといい神秘さといい、
人間の想像をはるかに越えた芸術的なものでしたね。
素晴らしいなあ・・・と、感銘するばかりでした。

いつもご案内させていただく㈱相模組モデルハウスでは、
ご来場いただいた皆さまに、心ばかりの【おもてなし】をいたしております。
モデルハウスで使用している【水】です。
安曇野市内や大町市内の水道水でも充分に美味しいのですが、
黒部ダムを作るときに湧き出た【黒部の氷筍水】(ひょうじゅんすい)を使っています。
黒部の氷筍水・・・
冬場滴り落ちる水滴が、筍(たけのこ)のような氷筍(ひょうじゅん)となって凍っていきます。
そして、冬の雪融けとともに、氷筍が湧き水に姿を変えるのです。

㈱相模組の本社がある大町市。。。 今年は市制60周年を迎えます。
凡そ60年近く前の話です…
昭和30年代、黒部第4発電所(通称:くろよん)のダムの建設で大町市は賑わっていました。
この時に掘り進んだのが、映画【黒部の太陽】(石原裕次郎主演作品)で有名な、通称【関電トンネル】です。
関電トンネルは、扇沢(おおぎさわ)駅から黒部ダムまでの、ダム管理専用の道路です。
観光用として、4月~11月までの間、長野県側と富山側とを専用バスで行き来できます。
トンネル途中の、破砕帯(はさいたい)付近では、枯れることなく【黒部の氷筍水】この水が湧き出ているのです。
夏場でも水温は5度未満・・・ 非常に冷たいお水です。
自然の中から採取したての黒部の氷筍水をボトル詰めしています。
たくさんの数が流通していないので、普段はお口に入りにくいお水です。
どうぞ、心ゆくまで(といっても限りがありますので程々でお許しください…)お飲みください。
2014-10-04 黒部の氷筍水

このお水をお飲みいただけるのは、
Panasonicテクノストラクチャー地震に強い家
㈱相模組安曇野モデルハウス です!
定休日明けの今日、午前10時からご覧戴けます。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF