1m×1m×1m=???kg

2014年02月25日

皆さま、おはようございます。
朝日の眩しい、大町市@北アルプス山麓です(^0^)/
連日の積雪で山梨県では未だに1mを越える積雪が有るといいます。
数年来続いていた、小谷=白馬の豪雪でも、屋根雪が1mをはるかに越えてしまい、自衛隊に災害派遣の要請をしたことがありました。
屋根に積もった雪は、どれぐらいの重さになるのでしょうか?
積もったばかりの新雪の場合、凡そ1立米(1mの3乗)=100Kgになるそうです。
さらさらの粉雪の場合は、1割から2割近く軽いそうですが、べたべたのボタ雪(ボタン雪)の場合は逆に1割から2割重たくなるとか・・・
更に、積もった雪に新たに積雪が加わり続けた場合は、2倍から3倍近い重さになることもあるそうです。
雪の多い地方は、積雪荷重を計算に入れて建築確認申請を行い、検査を受けます。
しかし、今回のように普段積雪とは無縁のところでは、加重による計算が軽めにされていますので、家屋の倒壊が心配されました。
慣れない雪かきに精を出された方も多いと思います。
筋肉疲労もかなり来ていると思いますので、シッカリ休養をお摂りください。
さあ、今日も一日宜しくお願いします。
ありがとうございます(^0^)


    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF