安曇野でマイホーム・・・計画の外せないもの・・・その5)

2014年07月03日

捨てられないものが増えるわけ
・・・収納について考える・・・

前出の有賀照枝さん(㈱ハートコード 代表)のお話しを聞いて、
大きく気づいた点・・・
それは・・・
「 『いつか使えるから取っておこう!』といって、溜っている『紙袋』が結構あるんです…」
このフレーズでしたね!
『いつか使えるから・・・』

これは『使わないものを溜め込んでおく』ことの裏返しです(笑)
例えば・・・
私も50歳を目の前にし、なかなか減量できていません。
大学生の頃はガッチリ体型の73KGだったのですが、
その後の20年で+25KG(@@;・・・
やばいと思って、頑張って85KGまで戻したものの、難病で長期入院を余儀なくされても-8KGが精一杯。
退院後はストレスも溜る一方で、早食い大喰いに走り・・・(失笑)
独身時代の服を『減量すれば着られるから・・・』
そう思っていた服は、未だに日の目を見ておらず箪笥の肥やしになっています(大笑)

以前いた職場(㈱岡村製作所)でも、オフィスのファイリングで、コンサル的な指導をさせて頂き、大型受注になったことがありました。
でも、続けないと元に戻るスピードも早いのです。
指導する側のファイリングもあまり誉められたものではありませんでしたので(笑)
よく言われるのが『積んで置く方式は床面積を小さく見せる』ということ。
家具も出来るだけ『床面』を見せるようにすると掃除もしやすく物も散らかりにくいそうです。
これだけでも実践してみる価値がありそうですね。
捨てられないものが増える・・・これを防ぐには、
1) 購入するときに本当に必要か?
2) サイズは納まるか?
3) 同様のものが家の中に眠ってないか?
4) ストック(在庫)の量は必要最小限(+1~2)にする。
を心がけるだけで、ものが溢れることは抑えられそうです。
7月に入り気分も夏に向けて本格的な衣類の整頓を行いやすい時期です。
これを機会に、チェックしてみてはいかがでしょうか?
新しいマイホーム計画を考えておられる方にとっては、今がチャンスです!
新築やリフォーム、引越しを機に、収納方法の見直しも行えると嬉しいですね!
安曇野での新築マイホーム計画スタートは・・・
Panasonicテクノストラクチャー地震に強い家の、
実物大・等身大カタログ㈱相模組モデルハウスへ!



    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF