安曇野市三郷 KA様邸 仕上工事へ

2015年07月19日

現場代理人の藤岡です。

安曇野市三郷のKA様邸新築工事です。
kakawasamatei270719 kakawasamatei270719-3
忙しい忙しい…で工事の状況を掲載できず、大工の造作が完了となってしまいました。
たくさん更新できるよう頑張りたいと思っているのですが…
kakawasamatei270719-2
基礎内部の写真です。
土間コンクリートの上を這っている青色赤色の管は何かお解りになりますでしょうか?
青い管は水が通る管。赤い管はお湯が通る管です。

さや管ヘッダー工法と言われる給水給湯の配管工法ですが、
昔のライニング鋼管という鉄の管の配管と比べ、
樹脂ホースを使用しているので、ある程度自由に曲がり、
接合部が少ないため、漏水の心配が大変少ない工法です。
また、樹脂は鉄と比べ寒さにも強いため、床下での凍結の可能性も低く、
床下の凍結防止帯にかける電力も削減できます。

この工法を採用するようになってから、
床下の漏水や冬季間の凍結のご相談がほとんどありません。
新築後はなかなか見ることのない床下ですが、
このような工法になっていますのでご安心ください。

KA様邸は、今後、内装工事→設備機器取付と仕上の段階となり、
9月上旬のお引渡し予定です。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF