高齢者との生活

2017年05月06日

こんにちは。アシスタントの矢口です。

高齢化社会 建築計画の時期 皆様はどのようにお考えですか?

恥ずかしながら、漠然と親が高齢になって身体能力が衰えたら、みてあげればよいと考えていた介護の問題。
リフォームで済む場合と建替えが必要になる状況を身をもって感じています。

介護問題:まずは地域包括支援センターに相談、ケアマネージャーが自宅に訪問し介護認定という正式な認定を受けます。
我が家のように認知症の場合は病院の診断書が必要です。
要支援→要介護のランクが付きランクによって受けられる内容が異なります。(デイサービスを利用等)
介護ベッド・手摺り・シルバーカー・ポータブルトイレ等々、介護度によって利用範囲も異なります。

まだまだ知識不足ですが、物忘れ(アルツハイマー)と認知症は区別が付き難く、急に悪化する事は実感しています。
ただデイサービスなどの利用や専門医の処方箋で少しは進行を遅らせたりは出来ますので早目の対応が必要だと思います。

子供と一緒でそれぞれに個性があり、症状は人によってさまざまです。
その人に寄り添い、介護疲れにならないようにしていく事が大切かなと思う今日この頃です。

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF