生態研究ではありません

2019年07月17日

最近、あちらこちらでカラスが増えました。
私の住む標高900m近辺でさえ、数羽のカラスが住んでいます。
松川村~北穂高では、50羽をゆうに超える数のカラスが電線や畦・刈った後の田畑にとまっています。
容姿が真っ黒なだけに、少し不気味さも備わるカラスさん。
人間を極端に意識しているそうなので、なかなか写メには収まりません。

でも、ようやくカメラに納まったのでご覧いただきたいと思います。
橋の欄干につかまっていますが、カメラを向けた瞬間1羽は逃げました。
そして、もう一羽をかろうじて撮影しました。
飛び立つ動作をコマ送り状態でご覧いただけます。

霧がかかっていたので、ボケていますが優雅に去っていきました。
体つきのわりに、羽を広げると大きいことがわかります。
雑食のカラスさん
寿命は70年から80年
人間と同じくらい生きるのだそうです。

カラスさんともお話しできるようになると楽しいかもしれません。

※Sagamiのモデルハウスは本日休館日となってございます。
明日18日より平常通り営業いたします。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF