最高〇〇 最低〇〇

2019年06月11日

昨日は通院の日・・・定期的に通う病院で知り合い3人と遭遇した。
これまで知り合いに会うことはほぼなかったのでとても驚いている。
一人は奥様のお付きと仰っていた。
いま一人はうちの社員さん。
もう一人は業界の先輩だ。
先輩は、癌を患い様々な治療を続けているそうだ。
13年ほど前のこと難病を患い半年入院したことを思い出した。
同室には癌を患った患者さんがいらした。
4週間置きに入院して抗がん剤を投与するそうで、2週間の入院と4週間の自宅療養を数回繰り返すという。
常々健康管理は大切だと感じているが、中でも血圧は健康のバロメーターになっている。
血管には太いものから細いものまで沢山ある。
手のひらや腕に透けて見えるもの。
顕微鏡を使わないと見れないほど細いものまで。
特に腎臓の糸球体や肝臓に付いている血管は超細い。
血圧測定は上腕を通る血管の圧力を測定することで、毛細血管にまでかかる圧力を調べて前兆をとらえるのだ。
今日も機械による「血圧測定」によって、最高と最低の血圧が表示された。



最近の測定器はノイズも少ないみたいで誤差も少ないようです!

今日も元気だ! 〇〇が旨い!
昔の「日たば」のCMみたいであるが、喫煙者は総じて欠陥年齢の老朽化が早くなる。
つまり血管自体によくない影響を及ぼすことは科学的に証明されている。
近年、電子化された装置でタール分のみを除去する「電子タバコ」なるものが流行っている。
筆者の見解は「タバコ」=麻薬であり、恒常的に吸い続けてしまう性質を持つ。
「タバコは国が認めている」という言い方もあるが、それ自体が間違っている。
タバコはあなたの健康を阻害する
この表記をどう考えるか?どうとらえるか?
未来を託す子供たちをどのように導くのか?
健康について真剣に考える時期ではないだろうか?

 

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF