災害時の安否確認 見忘れて自戒の念

2019年06月04日

梅雨の時期になりました。

近年、過去に経験したことのない豪雨が記録されることが多くなりましたよね。

計画した排水量を上回ってしまい、排水自体が機能しなくなり、一帯が水浸しになることもありました。

当社は災害時に社員の安全を確認し、地域や工事現場周辺の災害対応が可能かどうかの判断をすることにしています。

その一端に、携帯メールで「社員の安否確認」を行います。

先日、安否確認のテストがありました。

概ね月に一度のペースで発信されるメールですが、今回たまたま、メール確認を怠っていました。

丸2日間です。

その間に、何と50通もの安否確認メールが入っていました。我ながらその数に吃驚した次第です。

災害は無いに越したことはないのですが、いつどこで災害が起きるかはわからないですよね。社員とその家族、そして地域を守るために必要な「安否確認メール」です。これからはなるべく早めにチェックしたいと思います。(自戒の念を込めて)



写真、私宛に届いた安否確認メールの数

(筆者がスクショにて撮影)

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF