雪の塊を掘り起こす・・・雪の中のお酒・・・

2019年05月23日

五月も早いものであと一週間余りとなりました。
今年は北アルプスにも雪が少なく、夏場の水不足を心配する声も上がり始めました。
北アルプスの伏流水で育まれるお米は、何物にも代えがたい【めぐみ】に外なりません。
その清らかな水が使われる日本酒(清酒)も同じです。
早朝より、雪の塊を掘り起こす作業が見えました。
すると何かが地面から出てきました・・・いや、掘り出されていました。
何を掘り出したかというと・・・
地元の酒蔵さんが仕込んだ「お酒」です。
雪の中で寝かせて熟成させていた「お酒」です。
これから夏に向けて市場に出回る期間限定のお酒です。
私たちの口に入るのは、ほんの少し先になりそうです。
このお酒の出来具合を毎年楽しみにされている方も大勢いらっしゃると聞きます。
令和元年の今年も良い出来、熟成具合になっていると嬉しいですね。



(雪をかき分け、埋蔵酒?を掘り出す作業 筆者撮影)

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF