明日はひな祭り・・・3月(弥生)になりました!

2018年03月02日

新年あけてもう3月・・・
明日は桃の節句ですね!
昔から、1月2月3月は早く過ぎるといわれるとおり、あっという間のような気がします。
『桃の節句』を前に、最近知ったことがあります。
それは・・・
ひな祭りのことです。
すでにご存知の方も多いと思いますが、おさらいとしてご覧ください・・・
童謡【うれしいひなまつり】にあるとおり
「お内裏様とお雛様」はそれぞれ「男雛と女雛」のことと理解していました。
が、これが間違いだったのです。
「お内裏様」も「お雛様」も、「男雛と女雛の一対を表す」言葉になるとか。
歌詞のとおりだと、2組の男雛と女雛があることになるのです。
知りませんでした(笑)。
また、男雛と女雛の並びにも地域で差があることが分かりました。
もともとは、座った位置の壇上から見て左手が上位に来るため、
男雛を上位に女雛を下位に置いて飾っていました。
ところが・・・
明治天皇が崩御され、大正天皇がご即位になられた写真が公開されたとき、
西洋式立ち位置が採用されたので、左右が逆転したそうです。
東京は流行りものを好む傾向にあったため、前出の写真のとおりに倣いました。
ところが京都を中心とするところでは、上手、下手を頑なに守りつづけ今に到るそうです。
ともあれ・・・
子供の成長を祈って開く桃の節句
良い気候に恵まれ、お子様たちがスクスクと成長なさいますよう祈っています。
(写真は朔日の若一王子神社境内にある三重塔が木漏れ日につつまれている様子)



    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF