制動距離

2017年05月01日

5月01日
風薫る皐月・・・
この表現が当てはまるとおりの大型連休が始まりました。
天気予報もまずまずの好天。
行楽にお出かけのかたも、おうちのお手伝いに奔走されるかたも・・・
お天気はいいほうが助かりますよね。
さて、お恥ずかしい話になりますが・・・(笑)
ゴールデンウィーク(GW)になると、ようやく冬用タイヤから開放されます。
信州に来た当初5月3日に雪が積もった経験がありました。
標高900mのことなので一般の方には縁遠い話になりますが、ナンと!立ち往生したのです(笑)
それ以来、GWにタイヤを交換することにしました。
一年のうち半分が冬用タイヤだなんて・・・不経済にも感じます。
不経済ですが、運転中の安全を重視するとそうせざるを得ませんよね。
都内に住む友人からこんな話を聞きました。
「冬用タイヤを一年中履きつづけて、今年で6年になるけど、タイヤって結構もちますね」
正直言って危険!!危ないです!
冬用タイヤは溝が深いのが特徴で、その溝に水分が入りやすい構造です。
夏場にこのタイヤを履いていると、
制動距離(ブレーキをかけてから止まるまでの距離)が長くなります。
その分、事故になる危険度合いが増すのです。
(タイヤメーカー直営店の話)
大型連休中の移動にお車を利用されるみなさま・・・
是非、タイヤの溝を確認ください。
因みに・・・
私が外した冬用タイヤには、太い釘が刺さっていました!
ここ、笑っていただくところです(笑)
パナソニック地震に強い家テクノストラクチャー モデルハウス安曇野
5月9日まで、休館日なしでご見学いただけます。

山にはコブシが咲き始めています。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF