ようやく境内の雪も残り僅かに

2017年04月16日

4月16日
昨日夕方、若一王子神社へ参拝しました。
午後5時を回っていたのに西日が三重塔に射している。。。
凛とした空気が王子の杜を包みこんでいました。
ようやく境内の雪も残り僅かになり、春を迎える気候になってきたのです。
お日さまが沈むのも段々と遅くなってきたのですね。
これからは信州、大町の遅い春が一気に加速します・・・(笑)
農家の皆さまにおいては気候とにらめっこの季節。
こちらの農事も忙しくなります。
旧暦の弥生・・・
一説には木立の葉っぱが芽が吹き出す擬音から「やよい」とつけられたとか・・・
4月は「卯月」・・・
こちらも擬音から来ているのでしょうか?
植物が生長をはじめ、うずうずと「疼きだしているよう」に見えるから?(笑)
パナソニック地震に強い家テクノストラクチャー
ご家族の見えない安心を構造体からお守りしています。
耐震等級3相当の解析を付けて、勘や経験に頼らずに数値で証明しています。


    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF