本州の県境の中で

2017年04月15日

4月15日
冬の間閉ざされていた【立山黒部アルペンルート】が本日、全線開通しました。
運営会社によると、昨年より2万人多い100万人の利用を見込んでいると言う。
本州の県境の中で、富山県と長野県の県境は、唯一車での往き来ができない。
昭和38年にできた黒部ダムの副産物、黒部ダムの観光用ルートとして開いた道です。
最高点の室堂では、冬場に降り積もった雪を掻き分けて道を拓きます。
今年の積雪量は例年よりもかなり多く、なんと…
なんと19メートルにも達しているそうです。
これから夏場にかけて雪がどんどん融け、1日1日と高さが低くなっていきます。
現在では、GPSなどのIT機能が溢れており、雪の下に隠れた道路を探し出すことは容易かも知れませんが、少なくとも、10年以上前は相当の苦労があったと思います。
大自然の偉大さと、素晴らしさが、此処にはあります。
パナソニック地震に強い家テクノストラクチャー
自然の厳しい信州においても、数多くのご家族の皆様に、見えない安心をお届けしています。
モデルハウス安曇野へ、その秘密をご覧ください。



    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF