30数年前の記憶

2015年02月02日

2月2日  月曜日
今朝も冷え込んだ信州大町・安曇野です。
路肩の気温計はマイナス13度・・・とってもシバレル・・・朝になりました。
2015-02-01 08.41.40
2月=如月(きさらぎ)の更新は今日からスタートとなります。
明日3日は節分・・・文字通り「季節の分け目」のことです。
30数年前の記憶をたどりますと・・・(古文の故筒井先生いわく)
「・・・節分とは、立春、立夏、立秋、立冬の前日をさします。季節の分け目=明日から季節が変わりますよ!という日です。いつの頃か、春を迎える前日が珍重されるようになりました。因みに鬼を払うの『鬼』は心の中に住むとされる『邪気』を追い払うという意味・・・」
であると、教えられた記憶があります。
邪気が全ての災いの元。
病気になるのも、怪我をするのも、自然災害が発生するのも全ての元凶は『邪気』と考えられていたのです。
豆まきの『煎り豆』は発芽することがないことから使うようになったとか・・・
日本の風習・文化の積み重ねです。
近年は大手コンビニのお陰で、大阪市の一部で厳(おごそ)かに行われていた風習=恵方巻を食す=が、いまや日本の風習・文化=になりつつあります。
節分には豆まきをして(心の中の)鬼を追い払い、恵方巻を黙ってかぶりつく・・・
こんな風習・文化を、コンビニが作り上げるなんて・・・
地域ごとに根ざした文化が、色んな形で変化していくさまを見せつけられています。
明日の節分・・・
しっかりと、豆まきをしたいと思います。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF