新一年生を見て微笑ましい

2016年04月22日

4月22日
地震の続いている地域では、避難されている人々の健康状態が心配されます。
また行方不明者の捜索、倒壊家屋の撤去、インフラ復旧に従事されている皆さまがたには、安全に作業が進みますことを祈っています。
さて、信州大町・安曇野では昨日の雨も上がり、草木が喜んでいるように感じます。
というのも久々の雨で、新緑の芽や散り際の桜の花びらに水滴がひかり輝いているからです。
今月、小学一年生になった皆さんも、少しずつ通学に慣れてきているように見えますね。
でもまだランドセルが大きく見えて、ランドセルが歩いているような姿にも見えるから不思議です。
2016-04-22 06.56.15
(新一年生。横断歩道では信号を確認し、右手を高く上げて渡ります。)
私自身、小学一年生のころを憶えている訳ではありませんが、何ごとも新しく始めることは勇気が要ります。それはこの歳になっても同じです。かえって歳を重ねるほど「基本」を疎かにしがちで「自己流」でこなしていることに気がつきます。横断歩道を渡るとき、信号を確認し、右左右と目視確認し、右手を高く上げて渡る・・・。
大人になった何人がそんな渡りかたをするでしょうか?
新一年生を見て微笑ましいと感じるのは、そうやって習ったことを思い出すからに違いありません。
彼らを見て、大人も「新一年生」をお手本としなければならないのでしょう。
パナソニック地震に強い家テクノストラクチャー
モデルハウス安曇野
実物等身大のモデルハウスを見学いただき、一人でも多くの方に感じていただきたいです。

これからもパナソニック㈱の施工認定店として、基本に忠実にマイホーム建設に取り組んでいます。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF