よく降りました・・・ 2014.12.17

2014年12月17日

12月17日 水曜日
先月22日の夜に起きた長野県神城断層地震で、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
おはようございます。
よく降りました・・・雪です。
安曇野の豊科まで来ると積雪もさほどなく、路面の凍結が一部に見られる程度ですが・・・
2014-12-17 07.08.09
大町の平地籍はご覧のとおり・・・
これでも未明には、一度除雪しています。
カーラジオからは『冬至』の話題が聞こえてきました。
ほんの少し紹介します。
・冬至はそもそもどういう意味なのか?
これは、お月様とお日様が生まれ変わり新しく力をつけ始める日のお祭りということです。
そう云えば、冬至は日中の時間が一番短い日。
この日を境にお日様の力が強くなると言うことなんですね。
また、今年は新月と冬至が重なるとのこと。
19年に一度のめでたい(?)日なんだそうですよ!
・冬至にゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べるのは何故か?
ちょうど風邪(かぜ)がはやる季節ですよね。
昔は体の中に『邪気』が入るので、風邪を引くと云われました。
邪気は強い香りが苦手なので、柑橘系の『ゆず』をお風呂に入れて温まると、邪気が逃げるといわれたのです。
また、ゆずが韻を踏んで『ゆーずー(融通)が利く』につながる。
とか、柑橘系のきつが、『吉』に通じるとか。
そしてかぼちゃは、南京かぼちゃが良いとされ、冬至は運のつくものを頂くと良いとされたことから、
『ん(運)』の字のつくものを食べるようになったそうです。
特に南京は『ん』が重なり、南からきたものということで珍重されたのだそうです。
来週の22日。冬至にはそんな楽しみをしたいものですね。

 

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF