連休中の気候がどうか安定していて欲しい

2015年09月19日

9月19日
大型連休がスタートしました。
子供のころからお休みは嬉しいものでした。
お正月に始まり春休み。それが終わるとゴールデンウィーク。
6-7月を乗り切ると夏休み。そして一息つくと飛び石連休・・・
そうでした。9月の秋の連休はもともと飛び石だったのです。
それが法改正によって連続することになり何年が経ったでしょう。
この休日制定になるまでには、財界からの要請も強くあったと聞いています。
飛び石だと社員が休めない・・・。
製造ラインも営業も効率が悪い・・・などなど。
色んな環境の変化に対応するべく、時々の問題を解決し実態修正を行い、現在に至るのです。
(全ての方が同時にお休みするということではありませんけれど・・・)
現在の状態が今後も最良の状態ということではありません。
最良の状態は、環境の変化でまた変わり、よりよい状態になる。
いつまでも同じところに留まっていてはいけないのですね。
今朝、大町から豊科に向かう最中、すれ違う車の数に驚きました。
いつもなら、5~10台ぐらいで一旦切れるのですが、ほとんど途切れることがありません。
私が住む場所が「県道槍ヶ岳線」のすぐ近くなので、早朝からタクシーが沢山上がっていくのを見ました。
登山する人も連休を利用して大変だなあ・・・と感じると同時に、
連休中の気候がどうか安定していて欲しい・・・と、切に願うのでした。
2015-09-07 08.45.02
パナソニック地震に強い家テクノストラクチャー
安曇野モデルハウス<豊科>
本日から23日までのシルバーウィーク連休中、休まず公開しています。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF