身をもって

2015年09月12日

9月12日
住宅モデルハウスが本日オープンしました。
2008年10月に第1号モデルハウスを公開してから、今回で17番目のモデルハウス公開になります。
お陰様で、多くの方々にマイホーム計画の一助にして頂くことができたのは、マイホーム計画のお手伝いをさせていただく立場の人間として、皆様に感謝するばかりです。
重ねて、ご入居後数年経った皆様から、喜びや感謝の声をいただけるのは、住宅業界に身をおく者として冥利に尽きます。
この場を借りて、全ての皆さまに感謝を申しあげます。
ありがとうございます。
さて、関東・東北地方を襲った集中豪雨による『水害』で、多くの方が避難を余儀なくされ、幾人もの尊い命が失われ、現在も安否が確認されていない方もいらっしゃいます。
この災害によって亡くなられた皆様のご冥福をお祈りすると共に、被災された方みなさまに心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早く元通りの生活に戻れますよう祈っております。
おりしも本日、地域のインフラ点検・整備を考える研究会に参加していました。
全国から30名ほどの土木建築技術者の方々が集まり、熱心に講師のお話しを聞きいりました。
2015-09-12 09.37.28
普段利用している、道路、橋梁、河川流域の治山などに関る話です。
建設産業に身を置く一人として、地域を考えたときに当社がどのレベルまでできるかが、試される時代に入ってきたことを、痛切に感じます。
ましてや、鬼怒川はじめ各地の河川が氾濫し大きな水害があったばかり。
微力なりとも、地域のために『建設業』を通じて行なえることがあるのではないかと考えています。
今朝、5時49分には東京を震源とした地震が発生しました。
災害は忘れたころにやってくる・・・
身をもって刻まれる言葉です。
忘れたころにやってきた災害にも、被害を最小限度で食い止めれるような手立てがあるのでは・・・考えていきたいです。
まずは家庭の中でできることから・・・

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF