バリアフリーという言葉も定着

2015年08月31日

8月31日
長く続いた雨も途切れました。
長雨のお陰で、気温もずいぶんと下がり秋本番の気配です。
明日から9月ですね。
『20年ほど前は、9月になったら「おこた(コタツ)」を出す家庭が多かったよね?』
そう、社員さん達に云ったら・・・
『そんなことありっこないじゃないですか!』
と、一蹴されてしまった私でした。
でも・・・人間、憶えていないだけかも知れません。
『そういえば、大町の秋の祭りのころには、おこた出してたなあ・・・』
そういう人もいましたから。
暑い夏の時には寒い冬の季節のことが、寒い冬の季節の時には暑い夏のことが思い出しにくくなるのが、当たり前です。
マイホームを計画するときには、一年のことを考えて計画することをお薦めします。
特に、冬の厳しい信州では、冬の寒さのこと積雪・凍結のことを考えていただくようにお勧めいたします。
2015-03-24 06.28.25
(写真は積雪をイメージさせるもので本年3月の写真を転用しました)
10年、20年、30年と、出来るだけ長く住まい続けて頂きたい・・・。
マイホーム自体に『年月』が加わるのと同じように、人間にも『年』が加わります。
構造がしっかりしたマイホームも、住まう人間の身体機能が衰えると・・・。
私も半世紀以上も生きてみて、年々身体能力が衰えていくのを感じます。
何気ないことで、足腰が痛むことも出てきます。
当社がお届けするマイホームの多くは、室内の段差がなるべく少ないように設えてあります。
中途半端に段差ができると、何でもないときにつまづいてしまいます。
バリアフリーという言葉も定着していましたね。
将に、年齢に伴う身体能力の衰えにも、不自由なく生活いただけるよう工夫してございます。
パナソニック地震に強い家テクノストラクチャー
安曇野モデルハウス<豊科> は、9月12日に新規オープンします。
今しばらくお待ちください。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF