幸せの黄色いカバー

2015年08月26日

8月26日
めっきり涼しくなりました。
温度の感じ方は人それぞれ・・・
今朝のわが社は、半袖、長袖、厚手の長袖作業着とばらばらです。
季節が1ヶ月以上進んだようなので無理もありません。
ただ、このあとはまた気温も高くなってくるそうですから、体調管理に気を配りたいですね。
夏バテが出てくるのもこのころです。
ご留意ください。
さて、工事現場のお話です。
今週も上棟がありました。
ところで・・・写真の上部にある電線・・・黄色いカバーが着いていますね。
何のためにあるのでしょうか?
電線カバー2015-08-19 10.44.43 - コピー
正解は・・・
幸せの黄色いカバー・・・
ある側面から考えると、そうなのかもしれませんが・・・
実は・・・
電線カバー2015-08-24 17.49.15 - コピー
これは、クレーン作業などで電線と接触や切断をしないよう注意喚起するためです。
マイホームの骨組みは、昔(30年以上)と比べるととっても早く組みあがります。
それはクレーン車を使った資材運搬の役割が大きいのです。
クレーン車は、柱や梁・屋根材などの重たい部材や資材を効率よく運んでくれます。
今となっては当たり前になっていることですが、昔は人力で行なっていたのです。
これだけでも大幅な時間短縮につながりますね。
パナソニック地震に強い家テクノストラクチャー
安曇野モデルハウス<穂高柏原>
ご見学は8月30日までとなっております。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF