遡ること70年前

2015年08月15日

8月15日
今日は終戦の日。
遡ること70年前、ポツダム宣言の受諾により日本が全面降伏した日です。
(これを日本では終戦の日としていますが、沖縄では6月23日を沖縄戦が終わった日として、また国外では9月に入って調印が終わった日を戦勝記念日としているところもあり、地域や立場によって異なることがわかります。)
今年は戦後70年という年にもあたり、報道各社、政府、国内外の情勢も、このことに言及し、いろんな意味での検証が成されようとしています。
その多くは、実体験として戦争を経験した人たちが、全て70歳80歳90歳という高齢を迎えられ、体験を語らずしてこの世を去っていかれることが多いことにある意味危機感を抱いています。
いろんな意味で情報が素早く手にとることができる今日、一人の方が発信した情報が、瞬く間に世界を駆け巡る時代になりました。
私たち日本人は戦争を通して、人命の命の大切さ尊さを学んできたはずなのですが、いとも簡単に人の命を貶めるような、命を軽視した事件が後を絶たないのも事実です。
幼い頃からの学校教育において、もっと命の大切さと道徳的なものの判断が出来る素地作りに力を入れていただきたいと思います。
70年前も、今日のような朝だったのでしょうか。
2015-08-15 06.12.11
(写真は今朝の大町市街地を見た風景。厚い雲が覆っていますが、雲の上は快晴です)
戦争を通して、さまざまな考え方があることを再度認識しながらも、正午の時報とともに戦争で命を召された先人たちに対し平和な国、平和な世界作りを誓いたいと思います。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF