【稚児流鏑馬】

2015年07月13日

7月13日
気がつけば7月も中盤に・・・
小・中学生はそろそろ夏休みが気になりだす頃ですね。
26日には大町の若一王子の夏のお祭り=稚児流鏑馬です。
【稚児流鏑馬】が行なわれるころ梅雨があけるといわれて来ました。
もともとは7月16日に行なわれていた夏の例大祭だったそうですよ。
しかし宗教上のお祭り(お祭りなんてどれも信仰上のものなんですよね)に子どもを参加させるために学校を休ませ、平日に行なうのはいかがなものかという議論が巻き起こり、学校教育上・社会的に考えた結果、7月の第4日曜日に行なうことになった・・・と知りました。
若一王子夏祭り2
(写真は数年前の稚児流鏑馬の様子。馬の向こうの的を射抜きます。)
こういう議論が信州人らしいなあ(改革的=順応性がある)と思います。
他の都府県では7月20日頃から8月31日までの42日間(信州ではその半分ぐらい)も夏休みがあるわけで、共働きのご家庭なんかは大変だったと聞いています。
普段は家の中に居ない子供たちが一日中居るわけですから・・・
勉強した?宿題やった?日記は書いた?少しはお手伝いしなさい!
なーんて・・・
小さい頃は私も小言ばっかり云われておりました。
来週末は海の日もあり、ご家族総出のレジャーも計画されていますでしょうね。
もし、公共交通機関をご利用になるのなら、早目に「指定席」の予約を取られたほうが安心ですよ。万が一、取れなかった場合はそれなりの覚悟が必要です。ほんと、自由席の確保は大変です。
始発駅に近いところから乗るか、大きな乗換えが行なわれる駅で降車する人を狙って席を確保するしかないですから。
ベビーカーもよく見かけるようになりました。
狭い車内通路にベビーカーのまま乗車されますと回りの方にも迷惑をかけることがあります。
それなりの配慮をなさっているご家族を見ると心が和みます。
日本各地では今週辺りから【夏まつり】が開かれます。
概ね夏祭りは梅雨明けの頃に行なわれるものだそうで、これを機に梅雨明けも近いかもしれません。
これまでの梅雨前線と近づく台風の影響で雨量の多いところがあります。
みなさまが安全で健やかな休日になりますよう祈っています。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF