日本人特有の美徳

2015年07月01日

7月1日
今日から半期がスタートしました。
みなさま、清々しい気持ちでお迎えになりましたでしょうか?
朝から降り続いた雨も、午後3時ごろには窓から陽射しが差し込むまでに回復しました。
ジリリと焦げ付くような陽射しは、これから暑くなる夏を予感させます。
2015-06-29 10.48.27
(写真は週末の白馬ジャンプ台。全日本クロスカントリーの選手たちが練習中です)
ところで・・・昨日起こった新幹線の火災事故。
考えられない心が痛む事件でした。
全ての人が安全に安心して利用できるはずの公共交通機関の【新幹線】。
長距離移動も手軽に時間短縮できる便利な【新幹線】が一瞬にして生死を分ける密室になってしまったことは残念でなりません。
と、同時に、この事件を企てた人物に怒りがこみ上げます。
【公共交通機関】は、みんなが安心して利用できるものだったはずです。
中にはお昼時間を前に、お弁当を召し上がっていた方もいらっしゃるはず。
ある意味、寛ぎの時間でもあったはずなのに。
利用者一人ひとりが、社会的道徳を重んじ、公共の秩序を遵守して、間違っても危険物を持ち込まないで利用していたからこそ成り立った【信頼関係】。それが根底から崩れ去ったのです。残念でたまりません。
追い討ちをかけるように、昨夜から今朝のニュース報道番組では、JR側の【安全管理】【危機管理】に言及するコメンテーターが何人も存在したことには、さすがに驚かされました。「乗客の危険物のチェック・手荷物検査を徹底して行なえ!」と。
TVの中で叫んでいたのです。
あぁ・・・
日本人特有の美徳は、どこへ行ったのでしょう・・・
安心して利用できる公共交通機関の信頼回復のためにも、利用者の立場で心を配したいと思います。
末尾になりましたが、尊い命を奪われてしまった方のご冥福をお祈りするとともに、肉体的精神的に傷を負ってしまわれた方々の、一刻も早い回復をお祈りいたします。

 

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF