法治国家にありながらも

2015年05月03日

5月3日
憲法記念の日・・・みなさま、いかがお過ごしですか。
戦争を体験していない私たちの世代は、
憲法に関して学校で教えられるままの知識で大きくなったと思います。
私自身、日本国憲法を紐解いて勉強した記憶はありません。
もともと勉強は好きでなかったから仕方ありませんが・・・
日本国憲法の下には各種の「法律」が制定されており、
その法律によって日本国民は守られ安心した生活が送れます。
このことを「法治国家」というそうです。
法治国家にありながらも、残念なことに事件や事故が後を絶ちません。
遊び(ゲーム)感覚で、気がついたら人を殺めてしまった・・・という、
人の命を軽視した事件が、今年に入って2件も起きています。
報道によって白日の下にさらされた事件の外、水面下では行方不明者が数多くいるといわれています。
不明者の方々がご無事で健やかでいらっしゃることを祈ることしか出来ない・・・
そんな当たり前のことに気がつく私でした。
法治国家であるがゆえ・・・とでも申しましょうか、
法の目をかいくぐる輩(やから)も多いようです。
中には「法律で禁止されていない」ことを理由に、
犯罪まがいのことに手を染める若者も出てきました。
私たちが小学生の頃、道徳の時間に教わった「人としての良心」は、どこへ消えてしまったのでしょう?
嘆かわしいことが報道という物体を通して拡大して伝わってくる反面、伝えられない事柄(意図的に報道されないのか?)も数多くあるそうです。
そんな世知辛い現代、私たち相模組は、先ずはご家族の皆様が健やかに暮らしていただけるマイホームづくりをお手伝いさせて頂くことで、社会へ貢献していきたいと思います。
パナソニック地震に強い家 安曇野モデルハウス㈱相模組住宅部のご案内はこちらからどうぞ!
パース2
GW期間中も、モデルハウスはご見学可能です。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF