建物の基礎部分

2015年04月13日

4月13日
花ぐもりの空から冷たい雨が落ちてきました。
花冷えといっても良いくらい冷たい雨が落ちています。
2015-04-12 08.19.45
標高900m近くでは、お昼ごろに雨から霙(ミゾレ)に変わったようです。
昨日、車のタイヤ2台分をノーマルに変えたばかりなのに・・・(慎重に走ろう!)
ところで・・・
マイホーム新築工事は、先ず基礎工事から始めることは皆さま良くご存知ですよね。
基礎工事・・・
これは、地面と地面に近い部分の工事のことです。
基礎工事で出来上がったものの上に、柱や梁を張り詰めます。
マイホームが出来上がってしまうと、地面の中に隠れてしまい見えなくなってしまうのが基礎工事です。
建物の基礎部分は鉄筋コンクリートで「土台」を作ることから始まります。
「土台」を作るために、掘削(くっさく)といって、地面を掘り返し、力のかかる部分計算した図面に基づき、作っていきます。
重機(バックホー)で掘り進み、転圧(地面を叩いて土砂を占め固める)を行います。
2015-04-11 13.48.31
このあと、鉄筋が運び込まれて結束(鉄筋を結ぶこと)された後、コンクリートで盤をつくります。
こうやって、少しずつ鉄筋コンクリートの土台ができていくのです。
パナソニック地震に強い家は、基礎もしっかりと工事します。
マイホーム計画は実物等身大のモデルハウスの見学から・・・
パナソニック地震に強い家 安曇野モデルハウスはこちらから・・・

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF