まずは、壁の中

2015年02月28日

2月28日
大町でも時折、春が近づくような陽射しを感じる反面、昨日も突然雪が舞ってきました・・・
まだまだ、春は遠いのでしょうか・・・
さて、寒い冬の間でも建設工事は進んでいます。
例えば、4月に新規オープン予定のモデルハウス・・・着々と進んでいます。
新しいモデルハウス・・・私どもも、心待ちにしています。
今日は普段見ることができない角度から、工事中の様子をご覧戴きます。
まずは、壁の中です!

地震に強い家 パナソニック テクノストラクチャー工法では、
1階と2階の間の梁には「H形鋼」を採用しています。
いぶし銀に光る「H形鋼」は溶融亜鉛めっきを施し、
半永久的にマイホームにかかる荷重をうけとめてくれ構造体をより強く守ります。
次に、壁の中、その2です。窓周りです。
2015-02-27 11.23.44
窓の周囲は外気熱が伝わりやすい場所が起こり得るため、
このモデルハウスでは試験的に「窓枠回り」に充填断熱を施しています。
そして最後は屋根の上です。
屋根形状は、片流れになっており、太陽光をしっかりとうけとめる、
パナソニック機能屋根が採用されています。
2015-02-27 11.19.56
機能屋根・・・文字通り太陽光発電装置(通称:太陽光パネル)が搭載されたとき、
美観的にも機能的にも付加価値の高い製品(屋根)です。
凹凸部分で夏場の通気性を良くし熱発生を軽減させて発電効率を高めます。
機能屋根は、新築後に太陽光発電をしたいときに、屋根に穴をあけずに施工が可能です。
完成までもう一息・・・
追い込み中の現場から、相模がお伝えしました!

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF