8月9日 雪の甲子園

2019年08月09日

8月9日 地球上で二回目の核爆弾人体実験が行われた日です。
ナガサキ・・・
そう、広島に続き長崎にも「核爆弾」が落とされました。
戦争中のこととはいえ、あまりにも非人道的な行為です。
中学のとき技術を担当いただいた先生が言いました。
「人は武器を持つと使いたくなるものだ。昔の侍がそう。試し切りといっては辻斬りを行った。人の血を吸った刃物は魔性がとりつき、次にその刃物を持った人も人を切りたくなる。だから道具を使うときは人を傷つけたり、殺めたりすることがないようにしなくてはいけない。。。」

アメリカは自国の技術力の高さを、ソビエトをはじめとする世界に誇示するため、2種類の原子爆弾を短期間に製作しヒロシマとナガサキで実験したのです。
その後、日本を統治下におきました。
そして戦争中、日本軍が行ったとされる非人道的行為を裁くため東京裁判を行います。

近年になってようやく戦争中の惨事が伝わるようになりました。
しかし、当時を生き抜いた人たちの中には、終戦と同時に白い目で見られる人も多かったそうです。
昨日までは「お国のために働いていた人」と称賛していたのに。

改めて先の戦争で、原爆で空襲で被害を受けた全ての方に、15日の終戦の日を待たずとも感謝と哀悼の意を伝えたいと思います。

さて・・・
今日はラジオで高校野球をきいていました。
長野県代表として雪深い土地で人口2万人強の飯山から県立飯山高校が出ているからです。
相手は本大会屈指の強豪、仙台育英高校です。
結果はご存知地思いますが、両校のナインが純粋に白球を追い続ける姿に感動しました。
特に飯山高校のアルプススタンドは、真っ白な帽子にシャツと、まるで雪が積もったように見えました。
両校の選手の皆さん、関係者の方々、そして応援に駆け付けた皆さん・・・
本当にお疲れ様でした。

どうそ疲れを出すことなく、ご自愛ください

あすもSagamiの家モデルハウスは10時オープンです!

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF