子供たちの素朴な質問

2019年07月29日

子供たちも夏休みに入り、お家の中がいつもより賑やかになっているのではないでしょうか?
夏休み・・・
子供たちにとっては伸び伸びと遊べるチャンスでもあります。
大きいお子さんたちは、友達と連れだってプールや海、映画にお祭りと、お出かけの楽しみが目白押し。
小さいお子様にとっても、家の近くで水遊びしたり、草花や昆虫採集したりと、忙しいことでしょう。

お家の中にいる時間が長くなると、子供たちの素朴な質問に答えられないことが多く出てきて、ドキッとしますよね!
私もまったく同じ経験をしたことがあります。答えられないんです(笑)

50歳半ばの私はこの時期、楽しみにしているラジオ番組があります。
「子ども科学 電話相談」です。
大人の意表を突いた質問が沢山出てきて、専門家の先生も回答に苦労しています。
場合によっては答えにならないことも・・・

この放送…NHKラジオ第一で夏冬春の長期のお休みや、最近では毎週日曜日にも行われるようになりました。

最近はこんな質問がありました・・・
「マグマに水をかけると鉱石になるのはなぜですか?」
鉱石好きな男の子からの質問です。
どうやらゲームの中で、マグマに水をかけると鉱石が出来上がり、ゲットするとポイントが得られるようです。

専門家の先生もなかなか知恵を絞ります。
男の子がどこからその情報を手に入れたのか?を聞き出します。
そうすると、ゲームで手に入れることができるといいます。
先生は「ゲームの中のことが全てではないが・・・」と、前置きしながらも、
マグマの温度のこと、冷やすと鉱石ができることを話します。
冷え方も地表に出た場合の冷え方と、水脈(海や湖)に触れた場合はもっと早く冷えること。
そして鉱石の種類や、鉱石を使った人類の発展の話まで多岐にわたりました。

ラジオなので男の子の顔は見えませんが、声は生き生きと弾んだ声になっていくのがわかります。
最後に男の子は「ゲームやってるとお母さんに叱られる」といいまして、スタジオも微かな笑い声が聞こえてきました。

鉱石は固いので、石器時代に矢じりや包丁代わりに使った歴史があるそうです。
現代社会からは思いつかない利用法です。

改めて道具が私たちにもたらした便利さ、道具の大切さを知るところとなりました。


※Sagamiの家モデルハウスは月曜日のため、本日は午後オープンです!

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF