車中泊をしたとき

2015年02月17日

2月17日  火曜日
今日は中部国際空港の開港記念日なんですってね。
関西空港の開港から遅れること約8年5ヶ月、セントレアの愛称を持つ中部地区の国際空港です。
恥ずかしい話ですが、私の海外旅行経験は一度だけ。
ですので、国際空港のことは良く知りません。成田にしか行ったことがないですから。
長野県においては長野冬季オリンピックが開催された頃、建設業界の経営者や役員、幹部職員がこぞって海外視察を行った時代ががありました。近隣の韓国・中華人民共和国・中華民国(台湾)・東南アジア諸国、果ては米国へと・・・。ご他聞に漏れず当社にもその経験を持つものがまだ数人在籍します。
その中でも韓国は韓流ブームの火付け役となるドラマ『冬のソナタ』や『チャングム』など人気が高くなった頃でしたでしょうか?
全国的に見てこのようにインフラが整備されると、時間短縮して日本国内はもとより、海外にまで行けてしまいます。実際、お隣の韓国には数時間もかからないそうですから。
ところが、国内インフラも整備されているかというとそうではありません。
昨年2月の大雪時には、長野県(山梨県も)は完全に孤立してしまいました。
2015-02-14 07.19.42
(数日前の大町市高瀬渓谷の様子)
ほんの2~3日(山梨では7日ほど孤立)とはいえ、スーパーからは生鮮食品や日用品が消えました。
私も車中で宿泊を余儀なくされてしまいました。
普段は便利になった生活も、一転してキュウキュウとした雰囲気になるなんて。
誰も考えてはいませんでした。
いや、考えた人はいたのでしょうが、それが現実になるなんて、誰も思わなかったでしょう。
車中泊をしたときに頭をよぎったのは、
1)車の燃料
2)飲料(水やお茶)
3)食糧・食料品
4)携帯電話などの充電
5)手持ちの現金
この順番でした。
案の定、近くのコンビニからは食料が消えました。
ガソリンも給油数量規制がされました。
自販機までも売り切れが続出。最初になくなった飲料は、お水です。
携帯の充電は、シガレットライターからも取ることが可能でしたし、途中入ったレストランには、コンセントを自由に使ってよいことになっていて、大変助かりました。
現金は持たなくても、クレジットカードで何とかなります。
先週末の大雪に、ちょうど一年前の出来事を回想しました。
できることなら異常気象には無縁でありたいものです。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF