マイホームづくり。「問題点の解消」

2014年11月15日

こんにちは。ホームコンサルタントの勝家です。
8月に完成いたしました自身のマイホームづくりからキッチンについて…
我が家のキッチンのレイアウトは対面式キッチンです。
建築までお世話になっていたアパート・借家いずれもキッチンはリビングとは隔離されていて、
壁側にキッチンが配置されており家族に背を向けながらの調理をしていましたので、
念願の家族とコミュニケーションをとりながら調理できる対面式キッチンです。

キッチンで特に配慮したことは収納に関することでした。
食品・食器・資源ゴミ等々…我が家は一般的なご家庭に比べ多いような気がします。
恐らく、よく食べる息子が3人いるというのが原因かと…。
以前は、缶詰・乾麺・飲み物・お菓子・冷蔵庫に入れない野菜や資源ゴミ等が
袋やダンボールやに入ってキッチンまわりに無造作に置かれていた状態でした。
食器戸棚は2本あったのですが食器で目一杯。
よって、スッキリ収納するために食器戸棚とは別に収納が必要ということで幅130㎝程の食品庫をつくりました。
食品庫の中にはホームセンターで購入したスチールラックをおさめて、
冷蔵庫に入れない食品・飲み物のストック等々が余裕で収納できています。(収納幅90㎝でも充分だったかな)
IMG_17512
もうひとつ勝手口を兼ねた土間収納をキッチン横につくりました。
ここには、空き缶・ペットボトル・タッパーや古新聞・ダンボール等の資源ゴミ、
お米や畑で採れた泥のついたままの野菜、アウトドア用品等を目一杯収納しています。
また、勝手口としては、買い物帰り・ゴミ出しの際等、玄関より出入りが多いぐらい活用しています。

このような場所をつくるには面積が増えコストアップにもなります。
やりたいことを予算の中で全部できれば良いのですがなかなかそうもいきません。
我が家は玄関スペースと浴室サイズを縮小し、キッチンの土間収納スペースを確保しましたが結果的には満足しています。

以上は、我が家のマイホームづくりでのキッチンに関する問題点の解消です。
ご家族それぞれ、人数や住まい方が違えば抱えている問題点も違います。
マイホームづくりの際には、今どんなことに不満があるか、どんなふうにしたいかを担当の方にどんどん伝えてください。
どのようにすれば解消できるかを提案し実現するのが住宅建築会社の仕事です。

kasamatei-hybrid261111-4
最後にもうひとつ。キッチン対面カウンター下の壁に「ニッチ収納」をつくりました。
掃除が大変にならないかなと少し心配してたのですが特に問題なく、
キッチンペーパー・計量カップ・調味料等の置場として便利に使えてます。

平成26年11月15日
相模組 勝家 徹



    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF