パナソニックのスマートHEMS(ヘムス)の紹介

2018年11月17日

スマートHEMSとは

家電を含む住宅設備をインターネットにつなぐことで、電気やガスの使用量を「見える化」したり、家電製品を「自動制御」したりできる管理システムです。(太陽光発電システムAiSEG2対応のみ)

パナソニックのスマートHEMSを利用するには、中核をなすコントロール機器「AiSEG2」が必要です。AiSEG2に備えたモニターから、1日の光熱費の確認、照明やエアコンなど対応する家電製品の電源オンオフが行えます。専用のスマホアプリを使えば、外出先からも対応する家電を遠隔操作することも。(機器の選定により照明など電源オンオフが行えません)

最近ではGoogleの音声アシスタント「Google Assistant」に対応したスピーカーに話しかけるだけで、家電の操作が可能となります。

また、ソーラーパネルで自家発電できる家でスマートHEMSを利用すると、AiSEG2とつながるクラウド上のAIが、電気の使い方を判断してくれます。たとえば、翌日の天気予報が晴れだった場合を考えてみましょう。翌日が晴れだと、AIは「その日たくさん発電できるな」と考えます。そこで、昼間と比べて電気代金が安い深夜に、給湯器の水を一定量だけ沸かしておき、足りない分のお湯は翌日の昼間に発電した余剰電気を利用して沸かせば、電気代の節約になります。

すべての家電がインターネットにつながり、家中の家電をどこからでも操作できる世界が近づいて来たように思います。

スマートHEMS(ヘムス)で出来る事
http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/aiseg/merit/index.html



営業 橋本

 

 

 

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF