新築の注文住宅の外観で失敗しないために抑えておきたいサイディングの特徴

2018年03月11日

新築の注文住宅で家を建てるわけですから外壁にも気を使いたいものです。

外壁材は様々な種類がありますが、今回はそんな外壁材の中でも「サイディング」について詳しくお話していきます。

サイディングとは外壁に使用する外装材のことをいいます。

サイディングは工事も比較的簡単で工場で大量に生産することが出来るため、生産コストを抑える事ができ、品質も安定しています。外壁に使用する際の費用や工賃も安く抑える事ができる他、耐水性や耐天候性にも優れている特徴があります。

機能的な面でみれば、塗り壁と違い、壁のひび割れなどの劣化が目立ちづらく、また起こりづらい特徴があります。

サイディングボードの施工法

外壁通気工法とは、サイディングボードの裏面と防水シートの間に空気の層ができるようにサイディングボードを張り付けていく工法のことを言います。

外壁通気工法では結露や浸水が発生しても外壁と建物の間に空気が流れることで、湿気を空気層で逃がすことができます。また空気の層があることで、水分が防水シートを通って土台の水切りから排出され乾燥させます。

窯業系サイディングとは

外壁材として使用される、サイディングの中でも現在最も人気が高いのが窯業系(ようぎょうけい)サイディングです。

窯業系サイディングは主にセメントと繊維質を原料として工場で板状に成形し養生・硬化させた外壁材のことです。

窯業系サイディングの特徴

窯業系サイディングは日本の新築住宅の約70%〜80%のシェアを占める外壁材で、デザイン性の豊富さや、施工性の高さなどからメリットの多い外壁材として様々なメーカーから販売されています。

光触媒サイディングとは

光触媒サイディングとはサイディングボードの表面に酸化チタンなどを敷き、紫外線を吸収したとき、酸化還元作用や親水作用を引き起こし、汚れをつきにくくし、綺麗な状態をたもつことが出来るようにされたサイディングのことを言います。

メーカーにより商品名称は違いパナソニックは「光セラ」と呼ばれます。

 

テクノストラクチャーの新築住宅に使用されている外壁材の「サイディング」を上記にご説明させて頂きましたが、

家づくりは建てることがゴールではありません。家を建ててから住み心地や快適性、メンテナンスなど様々な問題が必ず生じてきます。

それをできるだけ防ぐためにも、施主の方もお任せするのではなく、今回のようなきちんとした知識をベースとして持っておくことが大事だと思っています。

営業 橋本

 

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF