土地選び 北道路 南道路

2017年05月13日

土地に面している道路が、南と北、どちらに面しているかを気になさる方はたくさんいらっしゃいます。その理由は、日当りの善し悪しと、プライバシーの確保、風通し、見晴らしの善し悪しなどが多いようです。

価格面では、一般的に北側に道路がある土地より、南側に道路がある土地の方が土地の価格が高くなる傾向にあります。南側に道路があるということは、南の方角が開けているということですから、日当りや見晴らしが良いことが多く人気があり、高い値段がつきます。

人気があり、買うことが難しく、高い値段がつきやすい、「南側に道路がある土地」はデメリットがないのかというと、そうではありません。プライバシーの問題に関しては、北側に道路がある土地の方が優れているといえるでしょう。なぜなら、南側に道路がある土地に住宅を建てる場合、1階の南側に居間を設置する事になり、道路から居間が丸見えになってしまうからです。居間が外から丸見えですと、その家のプライバシーは守られません。道路から少し高い位置に住宅を建設する場合や、目隠しのフェンスや塀などを設置する場合はこの問題を解消させることができますが、それなりに費用はかかりますし、目隠し用の構築物がせっかくの日差しを遮断してしまうこともあります。また、南側に道路がある土地は、そこに住宅を建てる場合、南側に玄関を設置する事になります。とすると、給排水は北側で行う事になります。給排水管は、道路の下に埋められている主管から引っ張ってきますので、長い距離の配管工事を行う必要が出てきて、配管工事費用が割高になります。

北道路の土地は、南道路の土地のメリットがデメリットになり、南道路の土地のデメリットが北道路のメリットとなります。日当りについては、ある程度計算できる場合もあります。不動産業者やハウスメーカーに依頼して、冬場の日照時間について試算してもらうこともできます。北道路でも、冬場の日照時間がご自身の納得する数値を超えていれば、日当りに困る事はないでしょう。購入する時期が夏場であるとしても、冬場の日照時間や日差しの角度についても算出することができますので、お気軽に不動産業者にお尋ねください。夏場の日差しは豊富でも、冬場になると全然日が当たらないということも多いですので、注意が必要です。なお、北道路の住宅は、南側に居間を設置することが多いので、南道路の住宅のように「道路から居間が丸見えになってしまう」となる可能性は低いといえるでしょう。

http://www.totinoerabikata.com/zyousiki/douro.html(引用)

参考までに。

営業 橋本

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF