今年を振り返って -感謝と謙虚な気持ちを忘れずに-

2015年12月29日

こんにちは。営業の縣です。
ここ数日はモデルハウスの引越しとオープン準備で慌しい日が続きました。
今年も残りわずかとなりましたが、1年を振り返り仕事に関して感じたことは・・・

細かいことはいろいろありましたが、今年もなんとか無事終えることができそうです。本当にありがたいことです。
年齢を重ねるにつれ、「感謝」という言葉の意味の重さをつくづくと感じるようになりました。
現在も営業としてこの会社で働くことができるのは、当然のことながら周りの方々の協力・援助があってのことです。
お客様をはじめ、パナソニックさん・協力業者さん・他部署の社員等々、多くの人に支えられて今の自分の仕事は成り立っています。私一人で家を建てているわけではありません。
そんなことを思うと、係わりのある皆さんの期待に応えられるよう、少なくとも恩を仇で返すことのないよう、心して日々の業務にあたらなければと思います。
ちょっとした実績を残せたり収入が上がったるすると、無意識のうちに勘違いをするものです。
「俺ってすごいな」とか「俺に任せておけば大丈夫」とか・・・。若い頃の自分もそうだったと思います。
以前は100%の自信で仕事をしている人を羨ましいと感じました。
しかし現在はそれだけではダメだと思っています。「自信+気付き・気配り」とでも言うのでしょうか。
トラブルを引き起こしたり、廻りに迷惑を掛けないためにも、自信だけでなく謙虚な気持ちを持つことが大切だと思います。
感謝の気持ちがあると、自然に謙虚な気持ちが生まれてくるような気がします。
謙虚な気持ちがあると、自然に気遣いができるようになり、相手の立場になって物事を考えられるようになるのではないでしょうか・・・

当たり前のことかもしれませんが、2015年はこんなことを感じさせる1年でした。

今年も多くのお客様にお世話になりました。ご縁をいただいたお客様はもとより、成約にいたらなかった方々にも多くのことを学ばせていただきました。顧客様からのご紹介もありました。皆様本当にありがとうございました。

DSC_0151 ※ 新モデルハウスイメージ図

さて、1月9日(土)には新しいモデルハウスがオープンいたします。
今までと同様、多くの皆様のご来場を心からお待ちしております。
感謝と謙虚な気持ちを忘れずに新しい年も精一杯頑張ります。

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF