これからの建物は、燃費性能で選ぶ時代です


一生に一度の大きな買い物と言われている「家」。マイホームを夢見ている方も多いのではないでしょうか。いざ、新築で家を建てたり購入したりする時は、デザインはもちろんのこと、性能や環境にも良い家作りをしたいですよね。最近、テレビCMや広告などで、見たり聞いたりする機会が増えてきている「BELS」という文字。まだまだ浸透はしていませんが、この「BELS」は、今後、住宅を選ぶ際の新たな基準になるであろう、表示制度なのです。文字やラベルだけ見ても、まだまだどんな制度なのかわからない方も多いかと思います。そこで、今回は「BELS」について分かりやすくご説明してきます。

建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」

BELSとは?

「BELS、BELSと書いてあるが、そもそもどうやって読むの?」と思われていますよね。
BELSとは、「Building-housing Energy-efficiency Labeling System」の頭文字をとった略称で、「BELS:ベルス」と読みます。
このBELSは、住宅(建築物)の省エネ性能表示制度のことです。建築物の省エネ性能の表示制度は、建築物のエネルギー消費性能に関する法律に基づき、平成 28年4月より施工がスタートしました。
そこで国交省では、建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)を策定し、評価システムとしてBELSが適用されることになったのです。それに伴い、ハウスメーカーなどの住宅販売企業は、BELS(ベルス)を取り入れ始めたのです。

BELSの評価基準

BELSの評価は、新省エネ基準の省エネ性能を持つ住宅に対して、★を利用して5段階で省エネ性能をランク付けしています。最高ランクは5つ星で、2個が省エネ基準適合、3個が低炭素認定基準適合の場合です。省エネルギー基準における一次エネルギー消費量と外皮性能の適合の可否も表示されます。そのため、5段階評価で5つの星で省エネルギー性能表示のグレードを表すので、専門知識の無い方でも、一目みただけで分かりやすくなっています。

住まいの省エネ基準からの削減率

相模組は、業界に先駆けて「住まいの燃費」を表示します。
我が家の省エネ性能がどれだけ進んでいるのか、その削減率が燃費表示によって一目瞭然です。

建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」
建築物省エネルギー性能表示制度について詳しくはこちらから»

    28年度施工実績

    28年度施工実績の一覧はこちらから

関連するページを検索

こちらもご覧ください

copyright 2014 相模組


Design by ATF